プレーパークむさしの

 

武蔵野市がプレーパーク設置を検討、 それに賛同した市民が集まり、運営団体が全国でも珍しい 自治体が主導してのプレーパーク運営がスタートしました。

 

平成13年
    武蔵野市第三期長期計画「プレーパークの設置」明記

 


    武蔵野市職員勉強会発足

 


    武蔵野市が二か所の公園で一日プレーパーク実施

 


    プレーパーク開催地「境冒険遊び場公園」設置決定  
    市民を交えたワークショップを設置

 


    プレーパーク整備基本計画決定 市民を交えたプレーパーク懇談会定期開催

 


    有志市民からなる準備会の立ち上げ  一週間プレーパーク開催
    運営を行う気持ちのある市民が集まり、自立した運営を目指しました。

 

平成20年
    任意団体プレーパークむさしの設立 境冒険遊び場公園整備完成
    7月常設開始1年目から常設週5日開催、
    全てが初めての大忙しのスタートでした。

 

平成21年
    任意団体から特定非営利活動法人へ 管理等(リーダーハウス)建設竣工
    組織を法人化し、社会的信用を得られる努力をしました。

 

平成23年
    法人組織化 それまで未成熟だった法人組織を見直し、
    経営は代表理事が中心となり、 運営は運営代表が中心となる組織に
    なりました。常勤プレーリーダーが1名から2名になりました。

 

平成25年
    運営代表制を廃止し、内部理事と外部理事を分けました。
    内部理事が運営の中心を担い、事務スタッフ を増員して
    事務局機能を強化しました。

 

平成27年
    正会員の規定を見直し、事業運営はスタッフが行い
    正会員は応援・協力いただける方としました。